PR
PR

快速エアポート 車両不具合で2本運休 200人に影響

 29日午後8時20分ごろ、札幌市厚別区のJR千歳線新札幌駅の構内で、新千歳空港発札幌行きの快速エアポート(6両編成)のドアの開閉やブレーキ動作に使う圧縮空気の調整装置に不具合が見つかった。

 点検の結果、不具合は解消し、列車は約10分後に運転を再開。原因調査のため、この列車を使う予定だった快速エアポートなど2本を運休し、約200人に影響が出た。

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る