PR
PR

冬季五輪・パラリンピック概要案公表 秋元市長会見の一問一答

 札幌市の秋元克広市長は29日の記者会見で、招致を目指す2030年冬季五輪・パラリンピックの新たな大会概要案を説明した。主なやりとりは次の通り。

 ――開催経費は19年試算比で100億~900億円削減した。

 「既存施設を最大限活用し、開閉会式などは簡素化した。今後、国際オリンピック委員会などとの協議で経費が膨らむことは避けなければならない」

 ――来年3月にも行う住民の意向調査の結果次第で招致を撤回することは。

 「できるだけ多くの方に理解していただきたいが、市議会や他の自治体の意向も踏まえ最終判断したい」

残り:235文字 全文:594文字
全文はログインすると読めます。

【関連記事】
30年札幌冬季五輪経費 最大900億円圧縮 市が新たな概要案公表
札幌五輪 月寒の国有地を選手村に 地方審議会が答申
30年冬季五輪 開催地、最速で来秋決定
道民調査で招致是非決めず 30年札幌五輪で市方針

北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る