PR
PR

一山本が十両優勝 道内出身力士で27年ぶり

[PR]

 大相撲九州場所千秋楽は28日、福岡市の福岡国際センターで行われ、元幕内で西十両4枚目の一山本(28)=本名山本大生、後志管内岩内町出身、二所ノ関部屋=が西十両7枚目大翔鵬に勝ち、13勝2敗で初の十両優勝を果たした。

 北海道出身力士の十両優勝は、1994年7月場所の立洸(オホーツク管内斜里町出身)以来となる。

 一山本は大翔鵬をはたき込みで下し7連勝。追っていた荒篤山を振り切った。

残り:110文字 全文:383文字
全文はログインすると読めます。

【関連記事】
十両優勝が視野 一山本「勝ててよかった」 大相撲
一山本の勇姿を御影石に 岩内の幼なじみ、友へのエール刻む
ヒット番付横綱「東京五輪パラ」 コロナワクチンも

北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る