PR
PR

室蘭・文化センターなど廃止含め検討 市が優先度公表 来年度に方向性

 室蘭市は26日、市文化センター(室ガス文化センター)大ホール・管理棟、武揚体育館、だんパラスキー場、市立室蘭水族館の4施設は施設継続のための建て替えは優先度が低いとし、廃止を含めた検討を進めると明らかにした。武揚体育館や文化センターは市内の別施設と機能が重複、スキー場と水族館は西胆振に同様の施設があるため。市は来年度に存廃の方向性をまとめる。

 市行政改革推進委員会で説明した。検討対象は今後20年以内に利用が難しくなる市役所本庁舎や学校給食センター、市文化センター大ホール・管理棟、市文化センター市民美術館、武揚体育館、中島スポーツセンター(新和産業アイスアリーナ室蘭)、だんパラスキー場、水族館の計8施設。

残り:541文字 全文:943文字
全文はログインすると読めます。

【関連記事】
新カントリーサインどれがいい? 室蘭市が3案 市民投票で年内に決定
室蘭の名物鉄塔、7基→6基に 市民「ライトアップ寂しく」
室蘭中心部 ボートで遊覧観光 地元2社、知利別川で実証実験

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る