PR
PR

小林陵侑、逆転で今季初V スキー男子で単独最多20勝

 【ルカ(フィンランド)工藤俊悟】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は27日、フィンランドのルカで個人第3戦(ヒルサイズ=HS142メートル)が行われ、小林陵侑(土屋ホーム)が合計324・5点で今季初勝利を挙げた。複合男子の荻原健司と渡部暁斗(北野建設)を抜き、スキーの日本男子で初めてW杯通算20勝に到達した。

 1回目に138・5メートルを飛んで2位だった小林陵は、2回目に最長不倒の143メートルをマークして逆転した。佐藤幸椰(雪印メグミルク)は10位、中村直幹(フライングラボラトリー)は14位だった。

残り:53文字 全文:418文字
全文はログインすると読めます。

【関連記事】
渡部暁斗、最多勝更新狙う W杯開幕へ意気込み
ジャンプ小林陵侑「北京楽しみ」 スキーの有力選手が会見
<北京へ冬の主役たち>2 スキージャンプ小林陵侑(24)=土屋ホーム 天才肌 感覚で世界席巻

北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る