PR
PR

スマホのワクチン証明書乱立 「国待てない」札幌など独自開発 利用時の混乱懸念も

 新型コロナワクチンの接種済証か検査の陰性証明を提示すれば、飲食店やイベント会場での行動制限が緩和される「ワクチン・検査パッケージ」の本格実施を前に、スマートフォンを活用した電子証明書が、全国の自治体で相次いで誕生している。国のシステム開発が遅れているためで、札幌市などほかの自治体も「国の動きを待てない」として独自に導入を進める動きを加速。証明書に利用されるアプリが地域ごとに「乱立」し、利用者や事業者の混乱が懸念されている。

 デジタル庁が12月中旬にも発行する電子証明書は、利用者が専用アプリをスマートフォンにダウンロード。マイナンバーカードを撮影し、カードの暗証番号を入力して登録する手続きを行うと、個人の接種歴が登録されている政府のワクチン接種記録システム(VRS)にアクセスし、証明書が交付される。ワクチンの種類や接種日などが表示される一方、個人情報に配慮し、氏名や生年月日は隠すこともできる。牧島かれんデジタル相は「予定どおり年内の運用開始を目指して開発作業が進んでいる」と強調する。

【関連記事】
⇒札幌のライブハウスで全国初の実証実験 接種済証や陰性証明で入場
⇒接種証明9カ月有効を提案 EU、ブースター推奨
⇒ワクチン証明書偽造容疑、サハリンの公立病院長を拘束
⇒GoTo割引を縮小、観光庁 再開は1月下旬~2月上旬

残り:585文字/全文:1148文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る