PR
PR

百年記念塔解体費、4年で2・8億円増 道が試算、老朽化で作業量と人件費影響

 道は、解体を決めている北海道百年記念塔(札幌市厚別区)の解体費用が、2017年の試算より2億8千万円増の約7億2千万円になるとの調査結果をまとめた。老朽化が進んだことによる作業の増加や、作業員の労務単価の上昇などのためという。一方、今後50年間、塔を維持した場合は28億円以上かかると試算。解体方針は維持する考えで、近く道議会に報告する。

 道は解体に向けた事前調査を10月までに終えた。調査では解体の工期を22カ月間とし、100メートルある塔の地上20メートル以上の部分で大型クレーンを使用、塔全体をネットで覆うと想定。当初は内部からの解体を見込んでいたが、外壁の傷みなどで変更が必要になり、作業員の労務単価増も加わって費用が膨らんだ。

 一方、塔を今後50年間、維持する場合の経費も試算し直した。塔への立ち入りを可能にすると当初試算より2億1千万円増の30億7千万円、立ち入り禁止の場合は同1億9千万円増の28億4千万円となった。

残り:145文字 全文:694文字
全文はログインすると読めます。

【関連記事】
百年記念塔解体は残念 設計者が札幌で講演
百年記念塔の解体 再議論へCF達成 寄付300万円超に
北海道百年記念塔 老いても りんと影法師
百年記念塔「塔体は健全」 存続求め視察報告会
10キロの建材落下、さび片積もる内部 百年記念塔、進む老朽化 報道機関に公開

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る