PR
PR

ドイツの新外相、中ロ批判派に ショルツ政権、男女同数

 【ベルリン共同】ドイツメディアは25日、同国の次期外相に環境保護政党「緑の党」のベーアボック共同代表(40)が就くことになったと報じた。ベーアボック氏は女性で、中国やロシアの専制主義を批判。両国への厳格な対応を求めており、外相就任でドイツの中ロ外交がどのように変わるか注目される。

 緑の党と中道左派の社会民主党(SPD)など3党は12月、SPDのショルツ財務相を首班とする新政権の発足を予定する。ショルツ氏は閣僚の半数を女性にしたいとの考えで、女性の外相就任は初めて。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る