PR
PR

根室市、赤潮被害に2100万円独自支援 ウニ種苗生産経費など

[PR]

 【根室】市議会緊急議会は25日開会し、赤潮被害を受ける沿岸漁業への支援策2100万円などを盛り込んだ本年度一般会計補正予算案を可決し、休会した。ウニの種苗生産にかかる経費の一部や、潜水調査費用を各漁協に支援する。

 道などによると、赤潮による被害は市内の根室、歯舞、落石の3漁協でウニ800トン分、被害額は約23億円に上る。根室湾中部漁協を含めた市内4漁協は赤潮が確認された10月以降、潜水調査を行ってきた。

【関連記事】
道東赤潮 稚ウニ買い上げ放流調査 水産庁が支援策
道東赤潮、見えぬ収束  稚ウニ放流控え焦り
プランクトンくっきり デジタル顕微鏡導入 赤潮対策で十勝総合振興局

残り:304文字/全文:592文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る