PR
PR

相葉雅紀&佐々木蔵之介&段田安則『和田家の男たち』“親子3世代グラビア”挑戦

 人気グループ・嵐の相葉雅紀が主演するテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『和田家の男たち』(毎週金曜 後11:15※一部地域で放送時間が異なる)。きょう26日放送の第6話では、「和田家」の3人がグラビア撮影に挑む。

【写真】和田家の男たちの“宿敵”を演じる高橋光臣

 息子、父、祖父の3世代がそれぞれ異なったメディアに携わっている“マスコミ一家”の「和田家」を舞台に、男だらけの家族が織り成す異色のホームドラマ。秀平(佐々木蔵之介)とデンタルクリニックで診察の順番をめぐってひと悶着あった女性・岸文子(堀内敬子)。実は『週刊アスタ』という週刊誌の編集長だったということが第6話で判明する。秀平が“あの和田寛(段田安則)”の息子だと知った文子は、『週刊アスタ』内の“家族の肖像”というコーナーに出てくれないか、と打診。即答で「ありえない」と断る秀平だったが、後日なぜか寛が勝手に取材を引き受けてきてしまい、なんと寛、秀平、そして優(相葉雅紀)のマスコミ3世代が、グラビア撮影に挑むこととなる。いつもとはちょっと違った、ビシッと決めた姿で撮影に臨む3人。新鮮な姿と、貴重な家族写真は注目だ。

 そして撮影の後は、優の手料理を食べながら和田家の男たちと文子は「マスコミ論争」に花を咲かせる。新聞、テレビ、WEBに、新たに加わった“週刊誌”の文子。けんけんごうごうのやり取りが繰り広げられるうち、秀平の心の中に芽生えたある感情、優の母であるりえ(小池栄子)の死以来、恋愛は封印していた秀平に、ついに新しい恋の予感? オトナな2人がどんな道を選択するのか、その行方も見どころとなる。

 ヘッドハンティングされ一時は別のネットニュース媒体に移っていた優は、無事『バズとぴ』に復帰。さっそく“話題の町中華”の取材に出かけることになる。寛から駆け出しの頃によく行っていたという町中華のお店を教えてもらった優は、そこのお店に取材に出向き、そこでひとりで店を切り盛りする店主の幸子(梅沢昌代)と出会う。あまりに忙しそうな幸子の様子に、思わず手伝いを買って出る優。そして優のその取材をきっかけに、ある大事件へと発展することになる。

『和田家の男たち』インスタ戦略 劇中料理のレシピだけ“優クンの台所”が好評
【写真】相葉雅紀の亡き母を演じる小池栄子
【写真あり】優くんの台所より「ミルクすき焼きマキアート」のレシピ
【画像】撮影も何もかも順調そのものといった『和田家の男たち』
【写真】『和田家の男たち』の男たち

oricon news

PR
ページの先頭へ戻る