PR
PR

中3、事件2日前に包丁入手 綿密に計画、かばんに隠し登校か

 愛知県弥富市の市立中で3年の男子生徒(14)が刺されて死亡した事件で、逮捕された同学年の少年(14)が事件2日前の今月22日に凶器の包丁を入手していたことが26日、捜査関係者への取材で分かった。事件があった24日は入手後最初の登校日で、県警は綿密に計画を練っていたとみて詳しい経緯を調べている。

 捜査関係者によると、少年はインターネット通販で購入したと供述。周囲に知られないようかばんに隠して校内に持ち込んだとみられる。男子生徒に「嫌なことをされ、恨みを募らせていた」などとも話しており、県警は他の生徒にも話を聴くなどして供述内容の裏付けを慎重に進める。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る