PR
PR

鈴木知事、8割減1669万円 2020年政治資金収支報告書

[PR]

 道選管が26日に公表した2020年分の政治資金収支報告書によると、鈴木直道知事が関係する政治団体の実収入は前年比8割減の1669万円だった。

 収入の内訳は、個人献金が最多の1336万円で、このうち大口の寄付は家具・インテリア製造小売り最大手のニトリホールディングス(札幌)会長の似鳥昭雄氏からの150万円など。政治団体からの献金は札幌市医師連盟からの100万円など計260万円だった。政治資金パーティーなどの事業収入は36万円で、知事に就任した19年の3775万円に比べて大幅に減った。

 知事の関連団体は「活力あふれる北海道の未来を実現する会」「北海道知事鈴木直道後援会・友鈴会」など計14団体だった。(小宮実秋)

PR
ページの先頭へ戻る