PR
PR

樺太時代の建造物 相次ぎ破壊 墓石や校門 ロシアの自治体「文化遺産ではない」

 【ユジノサハリンスク仁科裕章】終戦まで日本領だったロシア・サハリン(樺太)南部で、日本統治時代の建造物や墓石が壊されているのが、相次いで見つかった。地元自治体はいずれも「文化遺産に登録されていない」と説明するが、住民から「歴史的な遺産を保全すべきだ」と批判を浴びている。

 地元メディアによると、西海岸のウグレゴルスク(恵須取(えすとる))市で10月下旬、旧恵須取第三国民学校の跡地にある校門のコンクリート製柱の一部がバス停留所を設置するため、重機で破壊された。これを知った住民は「歴史的町並みの一部で観光名所。無知で野蛮な行為だ」と抗議。市当局は「文化遺産に登録されていないものの、残っている柱は解体しない」と釈明に追われた。

残り:188文字/全文:502文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る