PR
PR

自民党 改革問われる実効性 実行本部が初会合 役員任期など焦点

 岸田文雄首相肝いりの自民党改革を議論する党改革実行本部(本部長・茂木敏充幹事長)は25日、初会合を開いた。茂木氏は党の行動規範となる「ガバナンスコード(統治指針)」策定へ、外部有識者を加えたワーキングチームを設置すると表明。ただ、首相が掲げた党役員の任期制限や政治とカネの問題を巡る規制などの具体策は「今後の議論の行方をみる」(党幹部)と踏み込まず、実効性を持たせられるかが問われる。

 党本部で開いた初会合には議員約50人が参加。茂木氏は「党役員の任期制限をはじめとした人事のあり方、政党のガバナンスなどを具体的に進める」と述べ、インターネットなどを利用して国民の意見を聞く「党改革ボックス」を設ける考えを示した。

残り:400文字/全文:708文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る