PR
PR

6月の函館線制動不能 ブレーキ点検基準など強化 JR北海道

 JR北海道は25日、6月に函館線大沼―七飯間で保線作業用車両(3両編成)がブレーキの利かない状態で約7・6キロ走行した問題について、ブレーキの利き具合の測定方法を誤り、ブレーキ圧力の弱まりを見逃していたとし、点検基準の強化やマニュアルの整備などの再発防止策を発表した。

 発表では、車輪に制輪子(ブレーキパッド)を押しつけるシリンダー(気筒)が伸びきり、ブレーキ機能が低下していたことが直接の原因だと説明。機能低下を見逃した原因として、車両メーカーはシリンダーの伸び具合を非常ブレーキの状態で調べるよう推奨していたが、通常ブレーキの状態で測定していたことを挙げた。

残り:211文字/全文:493文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る