PR
PR

日ロ外相が初会談、早期対面にも意欲

[PR]

 林芳正外相は25日、ロシアのラブロフ外相と就任後初の電話会談を行った。日本外務省によると林氏は幅広い日ロ関係発展に向けた意欲を伝え、早期の対面会談の実現に意欲を示した。

 会談は、日本側の提案で約40分間行った。平和条約締結交渉の現状や北方四島での共同経済活動について協議。ロシアと中国の軍事連携がもたらす安全保障上の懸念を伝えたほか、北朝鮮の核・ミサイル開発や日本人拉致問題についても日本側の立場を説明した。

残り:191文字/全文:396文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る