PR
PR

国際バルク戦略港湾の釧路港の将来像など議論 ザ・シンポジウムみなとin釧路

 【釧路】ばら積み貨物(バルク)の輸入拠点「国際バルク戦略港湾」に道内で唯一選定されている釧路港の将来像などについて議論を深める「ザ・シンポジウムみなとin釧路」が25日、釧路市内で開かれた。

 道経連や北海道商工会議所連合会などの実行委主催。年1回、道内の港がある地域で開いており、釧路市での開催は11年ぶり。オンライン配信の視聴を含め、約400人が参加した。

残り:216文字/全文:396文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る