PR
PR

道内ガソリン3週連続値下がり 灯油は9週連続上昇 備蓄放出効果じわり

[PR]

 経済産業省が25日発表した22日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの道内平均小売価格は、15日時点の前回調査と比べて10銭安い168円と3週連続で小幅に値下がりした。米政府が日本や中国などの主要消費国に石油備蓄の放出検討を促したことが影響した。一方、ガソリンより遅れて小売価格が変動する灯油は、1リットル当たりの道内平均配達価格が89銭高い113円72銭と9週連続で上昇し、13年ぶりの高値水準が続く。

 石油情報センターによると、今月中旬のバイデン米大統領による石油備蓄放出の要請を受けて原油相場は下落。さらに、欧米を中心とした新型コロナウイルス感染再拡大で、原油需要が落ち着いていることもガソリン価格に反映された。同センターは石油元売り各社が卸値を下げたことから来週も値下がりを予想する。

【関連記事】
燃料高騰、家計にずしり 「節約限界」「どこまで上がる」 銭湯や運送業、経営圧迫も
<宇野沢デジタル委員が読み解く>一覧へ
<データ@ほっかいどう>一覧へ

残り:429文字/全文:858文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る