PR
PR

泉健太氏が国会議員票でリード 立民代表、決選投票の見方強まる

 30日投開票の立憲民主党代表選に向け、共同通信社は25日までに、立民所属国会議員140人の支持動向を探った。泉健太政調会長(47)が約3割に当たる41人の支持を固めてリードし、小川淳也元総務政務官(50)、西村智奈美元厚生労働副大臣(54)、逢坂誠二元首相補佐官(62)はいずれも20人台。各陣営は、地方議員や党員・協力党員のポイントを含めても1回目の投票で過半数は獲得できず、決選投票になるとの見方を強めている。

 全体のうち地方議員や党員・協力党員のポイントが半数の割合で、未定や支援候補を明らかにしない国会議員が2割弱いるため、情勢は変わる可能性がある。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る