PR
PR

天元戦第3局、関七段が勝って初タイトルに王手

 囲碁の一力遼天元(24)に関航太郎七段(19)が挑む第47期天元戦5番勝負(北海道新聞社主催)の第3局が25日、福岡県久留米市の「ホテルマリターレ創世 久留米」で打たれ、関七段が182手で一力天元に白番中押し勝ちした。関七段は対戦成績を2勝1敗とし、初のタイトル獲得へあと1勝となった。

残り:716文字/全文:860文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る