PR
PR

旭川中2死亡 第三者委員の2人除外へ 遺族が指摘

[PR]

 【旭川】旭川市で3月、いじめを受けた疑いのある中学2年広瀬爽彩(さあや)さん=当時(14)=が遺体で見つかった問題で、いじめの有無を調査している市の第三者委員会の委員2人が今回の問題の担当から外れることが24日、関係者への取材で分かった。

 関係者によると、担当を外れるのは小児科医と弁護士。市教委は遺族側の指摘を受け、それぞれ調査対象者らと何らかの関係があったとして2人に担当を外れるよう打診したという。2人とも了承するとみられる。

【関連記事】
いじめ再発防止で国に支援要請 旭川中2死亡で今津市長
旭川中2死亡、学校が「いじめ」否定文書 全校生徒の保護者に
「死にたい」学校に電話 自殺図り川で訴え 旭川中2死亡
市長「いじめ認識」答弁に与野党会派疑問 旭川中2死亡 「政治介入だ」

残り:190文字/全文:529文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る