PR
PR

室蘭3総合病院の再編協議凍結へ 地域医療効率化に暗雲

 室蘭市が市内の3総合病院を統合するための「室蘭市地域医療連携・再編等推進協議会」を凍結したことで、地域医療の効率化、高度化への取り組みは棚上げされることになった。市立室蘭総合(549床)、日鋼記念(479床)、製鉄記念室蘭(347床)の3病院は当面、現状のまま独立運営を続ける。市は既に関係者に凍結方針を伝えた。市は近く市議会などに経緯を説明する。

 協議会は青山剛市長をはじめ、3病院の院長、市医師会長ら8人で構成。青山市長は3期目の選挙公約に「3病院の再編・統合による持続可能な医療提供体制の構築」を掲げたが、達成は難しくなった。

残り:1511文字 全文:1778文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る