PR
PR

NHK、受信料収入が2年連続減 中間決算、値下げで

 NHKは24日、2021年度の中間決算を発表した。昨年10月の受信料値下げの影響で、事業収入は前年度中間期比131億円減の3522億円、うち受信料は3414億円で、いずれも中間期としては2年連続の減収となった。

 一方、新型コロナウイルス禍に伴う番組やイベントの中止、受信契約のための訪問員の削減などにより、事業支出は前年同期を99億円下回る3104億円。収入から支出を引いた事業収支差金は417億円の黒字となった。

 9月末現在の受信契約の総数は4169万件、うち衛星契約は2209万件。担当者は「受信料を放送サービスでお返しするのが使命」としている。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る