PR
PR

赤潮対策に21億円 水産庁が補正予算案に計上

 水産庁は、26日に閣議決定する2021年度補正予算案に水産関連の1272億円を計上する方針を24日の自民党会合で示した。道東沿岸を中心に漁業被害が広がっている赤潮への対策では、原因究明に向けた調査や漁業者への支援に15億円を当て、道と市町村の負担分を合わせた事業費は計21億円になる見込み。

 赤潮対策は《1》発生原因を解明する調査《2》漁場の環境回復に取り組む漁業者への支援―が柱。

残り:361文字/全文:553文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る