PR
PR

<野々村流>若手成長 来季も期待

[PR]

 今季のJ1も残り2試合となりました。27日の柏戦がホームでの最終戦です。新型コロナウイルスの影響で、どのクラブにとっても大変なシーズンだったわけですが、4チームがJ2に降格する規定で、コンサドーレがJ1残留を決めたことは素晴らしいと言えるでしょう。

 コンサドーレは攻撃的で面白いサッカーをして、目標を達成することにトライしています。もっと点を取れるし、勝ちたい思いはありますが、クラブのサッカー哲学を本物にするには時間がかかります。取り組んでいるサッカーの成長は十分見せられたと感じます。

 特に若手は成長し、戦えています。FWアンデルソンロペスの退団後、今いる若い選手を育てるスタンスを貫きました。ペトロビッチ監督も広島や浦和時代とは少しずつ戦術を変え、バージョンアップしている。来年、ピッチ上でどう結果に表れるか、楽しみです。

 現在の順位(12位)に関しては想像通りです。と言うのも、充実した戦力など上位クラブとの差はもともとあります。加えて、観客数が制限され、声援もありません。ホーム戦の雰囲気は結果を少しでも変えられる力があります。それができないゆえの結果という印象です。

 スタジアムで普通に感情を表現できる状態にならないと、サッカーという作品は完成しません。サッカーにおける競争はサポーターがつくる雰囲気があってこそ。来年はなるべく早く本来の姿に戻ってほしい。大きなクラブに勝てる可能性を上げられると思います。(コンサドーレ社長)

試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る