PR
PR

高校の部決勝は広陵―大阪桐蔭 国学院大、神奈川大4強

 明治神宮野球大会第4日は23日、神宮球場で行われ、高校の部の準決勝で広陵(中国)と大阪桐蔭(近畿)が勝って25日の決勝に進んだ。広陵は初、大阪桐蔭は18年ぶりの決勝進出。大学の部は準々決勝の残り2試合があり、国学院大(東都)と神奈川大(関東2)が4強入りした。

 広陵は八回に川瀬の適時三塁打で勝ち越し、花巻東(東北)との打撃戦を10―9で制した。大阪桐蔭は六回に打者一巡の猛攻で7点を奪い、九州国際大付(九州)を9―2の七回コールドゲームで退けた。

 大学の部、24日の準決勝は慶大(東京六大学)―神奈川大、中央学院大(関東1)―国学院大の顔合わせ。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る