PR
PR

物語とは何か 養老孟司さん、ヤマザキマリさんら小樽でセミナー

 NPO法人絵本・児童文学研究センター(工藤左千夫理事長)は23日、「明日の物語」をテーマに第25回文化セミナーを開いた。新型コロナ禍を受けて初めてライブ配信形式で実施し、同センター顧問で児童文学作家の斎藤惇夫さん、解剖学者の養老孟司さんらが講演した。

■多様性の大切さ教えてくれる/「あり得ないこと」へ想像力高める

 小樽市民センター・マリンホールで行われ、脳科学者の茂木健一郎さん、詩人のアーサー・ビナードさん、漫画家のヤマザキマリさんも登壇。絵本や児童文学の意義などについて意見を交わした。

【関連記事】
消える小樽発文学賞の灯 惜しむ声 ファンタジー大賞来年終了
ファンタジー大賞、来年こそ 小樽で最終選考、佳作は3年ぶり
「バカの壁」450万部に 養老孟司さん、127回増刷

残り:320文字/全文:656文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る