PR
PR

非正規ALT「低賃金の窮状知って」 雇用改善へ札幌で街頭活動

 札幌市内の小中高校で働く非正規雇用の外国語指導助手(ALT)たちが23日、賃上げなど雇用の改善を求めて街頭活動を市内で行い、「低賃金の窮状を知ってほしい」と道行く人に訴えた。

 札幌市の非正規雇用の「派遣ALT」は年収約200万円、1年契約更新と不安定な立場にある。札幌市教委と派遣会社に対し、賃上げなどを求めているが、改善には至っていない。市教委は本年度、採用したALT126人のうち、7割の91人を盛岡市の派遣会社との委託契約で確保した。

【関連記事】
企業内最低賃金1150円以上を 連合、22年春闘で要求へ
日航ボーナス、0・15カ月分 今冬、再上場後で最低

残り:193文字/全文:473文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る