PR
PR

【道スポ】新球場で甲子園切符つかめ! 球児に最高の舞台

 北広島で建設が進んでいる日本ハムの新球場「エスコンフィールド北海道」を運営する「ファイターズスポーツ&エンターテイメント」は22日、2023年夏に開催される全国高校野球選手権大会につながる南・北北海道大会の準決勝と決勝を新球場で行うと発表した。

23年開業のエスコンフィールド北海道。同年夏には球児たちの熱戦舞台にもなる
23年開業のエスコンフィールド北海道。同年夏には球児たちの熱戦舞台にもなる


 夏の甲子園を目指す球児たちに最高の環境が提供されることとなった。新球場で行われるのは南北の準決勝と決勝の計6試合。準々決勝までは従来通り、札幌円山(南大会)と旭川スタルヒン(北大会)の両球場が使われる。

 道高野連の遠藤直樹会長は「高校球児にとって、大勢の観客の皆さまの前で練習の成果を発揮できる晴れの舞台となる。さらにプロ野球の世界を実感でき、野球への情熱を一層、高める機会となるものと思っています。北海道の高校球児に新たな夢の舞台を準備してくださいましたことに厚く御礼を申し上げます」と喜んだ。

 プロ野球球団の本拠地が高校野球の公式戦で使用される例は多い。楽天の楽天生命パークやDeNAの横浜スタジアムなども甲子園を争う舞台として提供されている。

 新球場を運営する同社は道高野連に無償での提供を提案している。同社の前沢賢事業統括本部長は「記念すべき開業年に、北海道の球児たちが『エスコンフィールド北海道』で躍動してくれることを大変うれしく思います。新球場プロジェクトが具体的にスタートした2015年から思い描いていたこと。全力で開業準備に臨んでいく」とコメントした。<道新スポーツ11月23日掲載>

【関連記事】
【動画】日本ハム新球場はこうなる 精密模型公開
日ハム新球場で高校野球 23年夏の南・北大会、準決勝と決勝
新庄監督就任 成績低迷、不祥事…チームの再建託す
あの日逃した甲子園で母校の校歌を 函大有斗野球部OB

全文:732文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る