PR
PR

きたそらち農協が初の最高金賞 ゆめぴりか新米コンテスト

 道産ブランド米「ゆめぴりか」の新米の出来栄えを競う「ゆめぴりかコンテスト」の全道大会が22日、札幌市内で開かれ、きたそらち農協(本所・深川市)が初めて最高金賞に選ばれた。

 道内の生産者団体でつくる「北海道米の新たなブランド形成協議会」などの主催で6回目。全道7地区の予選を勝ち抜いた団体が出品した。北大大学院農学研究院の川村周三研究員が審査委員長を務め、米穀店代表ら6人の審査員とともに食味を確かめた。

残り:194文字 全文:396文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る