PR
PR

高級別荘を民泊施設に 道内外で続々開設 民泊・無人ホテルのマッシブサッポロ

 民泊・無人ホテル運営のマッシブサッポロ(札幌)が、道内外で高級別荘を使った民泊施設の開設に力を入れている。別荘ならではの凝った造りや広めの室内、普通の民泊にはない庭園などを生かしたのが特徴。使わずに劣化させるより、人に使ってもらうことで愛着ある建物を長持ちさせたいと考える持ち主が増えているといい、「高級別荘で過ごす時間を楽しんでほしい」としている。

鎌倉の民泊施設は、和室にある大きな窓から庭を見渡せる(マッシブサッポロ提供)
鎌倉の民泊施設は、和室にある大きな窓から庭を見渡せる(マッシブサッポロ提供)


 広々とした客間談話室でくつろぎ、和室やウッドデッキテラスから庭を見渡せる―。マッシブサッポロは9月初め、神奈川県鎌倉市にある木造平屋建ての建物を民泊施設としてオープンした。

残り:534文字 全文:897文字
全文はログインすると読めます。

【関連記事】
⇒民泊 国内客誘致にシフト 「おしゃれで豪華に」札幌の事業者ら
⇒民泊、ゲストハウス経営打撃 コロナ禍、釧路管内の宿泊者激減
⇒ひらふ観光事業者 異業種進出 訪日客頼み転換 ヨガ教室が複合店舗

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る