PR
PR

タイで第2の人生歩む JR車両、室蘭から出港

 JR北海道の中古ディーゼル車など20両を積み込んだ貨物船「シーウィズダム」が19日、室蘭港崎守埠頭(ふとう)からタイのレムチャバン港へ向けて出港した。

中古ディーゼル車両などを甲板などに積み込み、タイへ向けて出港する貨物船シーウィズダム
中古ディーゼル車両などを甲板などに積み込み、タイへ向けて出港する貨物船シーウィズダム


 車両は1981~82年製で、特急「オホーツク」(札幌―網走)や「大雪」(旭川―網走)として活躍したキハ183系17両と保線作業用車両3両。キハ183系は2017年に引退したあと、室蘭で保管されていた。

【関連記事】
さよならJR列車 タイでも活躍を 室蘭港でファン見送り
キハ40形、帯広発着の旅に 石勝線開業40年、愛好家祝う
多目的列車「ラベンダー編成」出発式 道が取得後初運行
道内走ったSL 鬼怒川温泉で重連運転

残り:82文字/全文:364文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る