PR
PR

10月の大卒内定率回復71% 北海道・東北は63%

 厚生労働省と文部科学省は19日、来春卒業予定の大学生の就職内定率が、10月1日時点で前年同期比1・4ポイント増の71・2%だったと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で大幅に下落した前年からは回復傾向になったが、コロナ禍前の水準には戻っていない。北海道・東北は0・3ポイント減の63・9%で、厳しい状況が続いている。

 昨年はコロナ禍で就職活動が混乱したが、オンラインでの就活が浸透。厚労省は全国の内定率が回復傾向になった理由について「企業の採用人数が増加したほか、学生側も情報を集めて早期に活動を始めたため」という。

残り:346文字/全文:609文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る