PR
PR

ブレンド道南米、「佃煮」と食べて 道の駅しかべに新商品

 【鹿部】道の駅しかべ間歇泉(かんけつせん)公園の運営会社シカベンチャーは、道南のコメをブレンドした新商品「しかべにあうごはん」を発売している。今年6月に発売した鹿部産の海産物を使った佃煮(つくだに)シリーズ「ごはんにあうしかべ」が好評で、互いを引き立て合う商品を―と開発した。

 「ごはん」は北斗市の沢田米穀店が監修。道南生まれの品種「ふっくりんこ」と、人気のブランド米「ゆめぴりか」をブレンドした。昆布佃煮、ホタテしぐれ煮、タラコと昆布の甘煮の3種の佃煮に合うよう、繊細な甘みと、ふっくらした食感が特徴だ。

残り:181文字 全文:435文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る