PR
PR

札幌の医療機関でクラスター 新型コロナ

[PR]

 札幌市が16日に発表した医療機関での新型コロナウイルスの新たなクラスター(感染者集団)では、患者9人、職員・従業員8人の計17人の感染が確認された。市内の医療機関でのクラスター発生は10月4日以来約1カ月半ぶりとなった。

 市保健所は、濃厚接触した可能性のある人を把握できているとして、施設名を公表していない。「感染者は特定の病棟に収まっている」としている。感染者のうち、ワクチンの2回目接種から2週間以上が経過した「ブレークスルー感染」の人もいるという。現時点で重症者はいない。

 市保健所は感染経路を調査中としており「一般論として、ワクチンを接種していても、具合が悪ければ、出勤を控えてほしい」と呼び掛けている。(五十嵐俊介)

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る