PR
PR

言葉の悩み、自宅で相談して 函館の言語聴覚士が訪問支援

 函館市内の言語聴覚士奥瀬寛子さん(38)が、訪問支援専門の「ことばの相談室めだか」を開いて活動している。発達障害や吃音(きつおん)など、言葉の悩みを抱える人の自宅に出向き、相談にのる。訪問支援を専門とする言語聴覚士は函館では初めてという。

 奥瀬さんは、函館生まれで伊達育ち。会社員を経て千葉県に移住し、言語聴覚士の専門学校で学んで国家資格を取得した。その後、千葉県内の病院のリハビリテーション科や児童発達支援教室に勤務。成人や小児のリハビリや発達障害の子供の療育に携わった。

残り:396文字 全文:634文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る