PR
PR

<Fノート>新庄ビッグボス監督「初仕事」沖縄秋季キャンプ 派手な演出の裏にある「わいたこら。」マインドとは


 日本ハムの新庄剛志監督は8~10日、沖縄県国頭村で行われている秋季キャンプを視察した。話題を振りまくビッグボスの「初仕事」となった視察初日を振り返った。(横山清貴、写真はすべて大石祐希撮影)

■<Fノート>取材メモから選手の裏話や隠れた好プレーなど紙面で紹介できなかった話題を

◇11月8日午前7時30分

 南国沖縄も、11月の朝は涼しい。

 秋季キャンプが行われている球場に到着すると、既に3人のスポーツ紙記者が到着していた。報道陣の受け付けは午前8時からだが、予測不能なビッグボスが早朝に現れるかも、と待ち構えていたという。

 その後、報道陣はどんどん増えた。スポーツ紙、一般紙、通信社、テレビ局。顔なじみのプロ野球担当記者に交じって、東京のキー局からやってきたとおぼしきスタッフもいた。カメラの放列が、ビッグボスを待ち構える。

◇8時48分

真っ赤なジャージに身を包み球場入り=11月8日午前8時50分
真っ赤なジャージに身を包み球場入り=11月8日午前8時50分


 「どんな格好で来るんだろう」。報道陣も緊張感に包まれる中、球場横に滑り込んだ真っ白なミニバンから新庄監督が降りてきた。上下とも真っ赤なジャージー。サングラス。靴は赤地に金色の星がちりばめられている。

 「地味? 大丈夫?」。白い歯が光る。いやいや、地味どころか、こんなど派手な格好で球場に現れたプロ野球監督って、過去にいたのだろうか。

 空知管内栗山町で長靴をはいて自然とともに生き、野生動物に見送られながら札幌ドームに通い、軽トラックの荷台に乗って同町内を優勝パレード。そんな前監督の栗山英樹さんとの違いに、何だかくらくらしてきた。とんでもないことが始まるような気がする。

 「楽しみですね。選手の身体能力、脚のスピードと肩の強さをチェックしたい」と話し、球場に入った。現役時代に強肩俊足の外野手として活躍した新庄監督らしいチェックポイントだ。

 報道陣はスマホを取り出し、ジャージーのブランドを調べ始めた。上下で4万円以上する高級品だという。すぐにネットニュースとして配信された。

◇9時36分

 新庄監督がグラウンドに足を踏み入れた。左翼と中堅の間あたりに向かってゆっくりと歩いていく。

練習の合間に選手を集めて談笑=11月8日午前9時40分
練習の合間に選手を集めて談笑=11月8日午前9時40分


 秋季キャンプに参加している27選手を集めた。清宮、野村、吉田。緊張気味に立っている選手たちを座らせて、自らもしゃがんだ。そのまま1分ほど話をした。内容は聞き取れなかったが、とても楽しそうに見えた。

 話を終えると、そのまま選手たちと記念撮影。写真はその日のうちに新庄監督のインスタグラムに掲載された。ビッグボス誕生以降、報道陣はインスタやツイッターで投稿をチェックするのが習慣になっている。


◇9時48分

 サプライズはいきなりやってきた。

 内野に立っていた新庄監督が、一塁ファウルゾーンの隅っこに止まっていたワゴン車に向かって手招きをした。車は遠慮がちにゆっくりとダイヤモンドの中に入り、本塁と三塁の間に止まった。

車の上に乗りバットを手に支持を出す=11月8日午前9時50分
車の上に乗りバットを手に支持を出す=11月8日午前9時50分


 「え?」「は?」「何するの?」。報道陣がざわつく中、脚立を使って屋根の上に上り、バットを水平に寝かせて持った。スタッフになにやら指示をしている。

 報道陣のざわめきは収まらない。新庄監督は地面に降りると、いったんワゴン車を移動させた。

◇10時6分

スタンドに座り、ベースランニングのリレーをする選手たちに視線を送る=11月8日午前10時10分
スタンドに座り、ベースランニングのリレーをする選手たちに視線を送る=11月8日午前10時10分


 新庄監督がスタンドに現れた。バックネット裏に陣取り、ベースランニングのリレーをする選手たちに視線を送る。カメラマンに「リレーも写しておいてよ」と注文。「選手は注目されることで力が出る」と考えるこの人らしい。

 リレーは7人ずつ、2チームに分けて行われた。その片方のアンカーが気になったようで、近くにいたスタッフに「最後の子は誰?」。今年、育成から支配下契約を勝ち取った宮田の俊足が目にとまったようだ。

◇10時33分

 新庄監督がグラウンドに戻り、ワゴン車を再び呼び込んだ。三塁と本塁のちょうど中間に止めると、棒を持ったスタッフを車上に立たせた。

ワゴン車の屋根にスタッフを乗せ、送球の高さを示しながら遠投の練習=11月8日午前10時40分
ワゴン車の屋根にスタッフを乗せ、送球の高さを示しながら遠投の練習=11月8日午前10時40分


 このころになると、報道陣にも狙いが見えてきた。低く強い球を投げる力を試すつもりなのだ。そういえば、最近出演していたユーチューブでも、それが大事だと言っていたような。

 自動車メーカーのホームページによると、ワゴン車の高さは2メートルほど。その上にスタッフが立ち、顔から胸あたりの高さに棒を構えているから、地面からの高さは3メートルを超える程度だろう。選手は本塁から左翼へ、棒の下を通るように遠投をしなければならない。

 強肩が売りの3年目外野手、万波がひときわ鋭い送球を見せると、新庄監督は「いいね~!」と拍手を送った。別の選手がすっぽ抜けの暴投をしてしまうと、ハッハッハッと爆笑。なんとも楽しそうだ。近くのテレビ局スタッフは「監督も投げてくれないかな」とつぶやいていた。確かに見てみたい。残念ながら、その機会はなかった。

◇11時55分

 雲の切れ間に、強い日差しがグラウンドを照らす。

「選手には練習に集中してほしい」。練習の合間、スタッフとともにトンボをかける=11月8日午前11時55分
「選手には練習に集中してほしい」。練習の合間、スタッフとともにトンボをかける=11月8日午前11時55分


 内野の守備練習が終わると、選手がトンボで土をならし始めた。おなじみの光景だ。そこに新庄監督が現れ、トンボを受け取ってグラウンド整備を始めた。「選手には練習に集中してほしい」という考えだという。

 ど派手なジャージー姿でトンボを持ち、せっせと土をならす姿は、アンバランスというか、ユーモラスというか。しかし、よく考えると、華やかさと真面目さを併せ持つ人格をよく表している光景なのかもしれない。

◇午後1時31分

 いったん球場を離れていた新庄監督が、車で戻って来た。なんと。おでこ、左胸、左太ももに赤いワッペンが入っている。報道陣は再びブランドを調べ、会社に情報を送っている。ネットニュースで速報するためだ。

「お色直し」で上下のジャージー、帽子、靴、すべて黒に=11月8日午後1時30分
「お色直し」で上下のジャージー、帽子、靴、すべて黒に=11月8日午後1時30分


 一挙手一投足が、ニュースになる。あるベテラン記者が「新監督の動向がこんなに注目されるのは、ミスター(長嶋茂雄さん)以来かな」、ベテランカメラマンは「格好悪い瞬間がないんだよな」とつぶやいた。

◇1時39分

 サブグラウンドでノックを受ける野村と清宮を見つめる。「動きがかわいく見える。何でだろう」とぽつり。そして右腕を回しながら「俺、現役いけるんじゃない?」。守備の名手だった新庄監督にとって、若手2人の動きは物足りないようだ。それだけではなく、ひょっとしたらまだ現役復帰を諦めていないのかもしれない。

◇2時41分

 視察初日を振り返り、報道陣の取材に答える。25分以上語り続けた。野球に関する真面目な質問はもちろん、「沖縄そばは食べましたか」「きょうのファッションのポイントは」といったくだけた質問にも、根拠や具体例を示しながら、当意即妙に答えていく。話し終えると「大丈夫? は~い、ありがとう!」。さっそうと球場を後にした。

◇  ◇  ◇

 あるエピソードを思い出した。

 新庄監督は2018年の著書「わいたこら。」の中で、幼いころから文字を読むことが苦手だったと明かしている。小学校のとき、国語の教科書をすらすらと音読することができなかった。漫画を読んでも友達と話がかみ合わず、寂しい思いをした。ちなみに「わいたこら」とは、驚いたりあきれたりしたときに口にする九州弁で、標準語では「なんじゃこりゃ」に近いのだという。

スタンドに座りキャンプを見る新庄監督。報道陣の視線を集める=11月8日午前10時15分
スタンドに座りキャンプを見る新庄監督。報道陣の視線を集める=11月8日午前10時15分


 まだ短い期間だが、取材していて感じるのは、発する言葉の一つ一つがとにかく力強いということ。記者の質問の意図を素早く把握し、的確な答えをスパッと返してくれる。それだけでなく、自分のキャラクターを理解し、どうすれば報道陣(とその向こうにいるファン)が喜んでくれるかを感じ取っている。

 「わいたこら。」では「僕は『自分にあるもの』に目を向けた。欠けたところばかり気にしていたら、僕は自信をなくして、メジャーで活躍することも、日ハムで『新庄劇場』でみんなを喜ばせることもなかった」と記している。

 米大リーグ時代には、気難しいことで知られた歴代最多762本塁打のバリー・ボンズとも打ち解けた。つらい経験が、たぐいまれなコミュニケーション能力とポジティブな心を育んだのかもしれない。

 来年は試合の勝ち負けや周囲の盛り上がりだけでなく、ビッグボスの人間性に少しでも迫る1年にしたい。そう思い、視察初日の取材を終えた。

■関連記事
2021年 ファイターズドラフト指名選手
Go!Go!ファイターズ
ファイターズ記事一覧

試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る