PR
PR

鉄道模型 ファンを魅了 安平・道の駅 巨大ジオラマも

 【安平】鉄道車両の模型を展示する「鉄道模型フェスinあびらD51ステーション」が13日、町追分柏が丘の道の駅「あびらD51ステーション」で始まった。初日は家族連れや鉄道ファンなどでにぎわった。

 鉄道資源を生かした町の魅力を発信しようと、道の駅を運営するあびら観光協会が主催。会場には巨大なジオラマが設置され、Nゲージ(レール幅9ミリ)とHOゲージ(同16・5ミリ)の車両模型が多数展示された。

残り:143文字/全文:340文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る