PR
PR

北央信組、日本公庫と資本性ローンで協調 道内信組で初

 北央信用組合は10日、新型コロナウイルス禍の影響を受けている中小企業や小規模事業者向けに、日本政策金融公庫(日本公庫)の資本性劣後ローンを活用した協調融資商品「connect(コネクト)」を創設したと発表した。15日から取り扱う。道内信組が同ローンを活用した商品を創設するのは初めて。

 資本性劣後ローンは他の債務より返済順位が後で、融資審査では資本とみなされるため、他の金融機関からお金を借りやすい。コロナ禍の長期化で同ローンのニーズは拡大している。

残り:223文字 全文:449文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る