PR
PR

<デジタル発>なぜ石狩浜は「漂着物探し」の聖地なのか

「石狩ビーチコーマーズ」で、漂着物を解説する志賀健司学芸員(右)
「石狩ビーチコーマーズ」で、漂着物を解説する志賀健司学芸員(右)


 道内各地から多くの海水浴客が訪れる石狩浜。夏のにぎわいが遠く去った10月下旬の浜辺で、足元に目をこらす人たちの姿があった。漂着物を採取・観察する愛好家「ビーチコーマー」たちだ。4万年前の噴火でできた軽石、ロシア語が書かれたヘルメット、南の海に生息する「アオイガイ」…。なぜこんなものが転がっているのだろう。漂着物採取にはどんな魅力があるのか。ビーチコーマーたちと一緒に、「聖地」の一つとされる石狩浜を歩いてみた。(伊藤駿)

 漂流物を採取することを「ビーチコーミング」という。英語で「くし」を意味する「Comb(コーム)」には「しらみつぶしに探す」という意味もあり、文字通り浜辺をくまなく探し回る。学術研究のほか、欧米では趣味としても定着している。

 「漂着物は渚(なぎさ)の百科事典」「漂着物は海からの手紙」―。石狩浜で漂着物を研究するいしかり砂丘の風資料館の志賀健司学芸員(55)は、海から流れ着いたさまざまな物をそんな風に表現する。「漂着物を調べると、文化や歴史、地球環境などについて楽しみながら考えられる。知的な遊びです」

大量に打ち上げられた流木
大量に打ち上げられた流木

■日本海と石狩川の両方から

 石狩浜は石狩川が運んだ砂や、日本海から吹く季節風によって形成された海岸砂丘。小樽市銭函から石狩市厚田区まで約25キロも続き、ビーチコーミングの適地の一つとされる。日本海を北上する対馬海流が、南から漂流物を運び、さらに大陸からの西風を受け、多くの漂流物が流れ着く。もう一つ大きな魅力は、川を流れてきた物も見つけられること。長さ268キロ、北海道の面積の約6分の1を有する流域面積1万4330平方キロメートルを誇る石狩川を流れてきた漂流物も、石狩湾に放出され、砂浜にたどり着くことが多いという。

【関連記事】
<デジタル発>
・「仕事行くのが楽しみ」 急成長の焙煎工房がつくる幸せな職場
・「大阪弁は通用しない」北海道で抗った 落語家・桂枝光さん 移住30年
・「自由市場には81年の空気がある」 穂村弘さん4プラを語る

残り:2751文字/全文:3582文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る