PR
PR

<道南おさかな図鑑>カスベ類 調理法に幅 食卓で重宝

 「カスベ」とはエイの仲間のうちガンギエイ科に含まれる種の総称だが、北海道ではエイ類全般をカスベと呼ぶようだ。この呼び名はカス(滓)がなまったもので、その昔多く取れても肥料ぐらいしか使い道がなかったためと言われている。

 道南地方の店頭で売られているカスベの大部分はメガネカスベかドブカスベのどちらかである。それぞれ「真カスベ」「水カスベ」と呼ばれ、前者のほうがやや高値で取引されているようだ。

残り:897文字 全文:1093文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る