PR
PR

利尻富士・地酒「栄泉」復活 半世紀ぶり販売へ 出荷開始

 【利尻富士】ほぼ半世紀ぶりに復活した日本酒「栄泉」の出荷が始まった。製造元の「田中酒造」(小樽市)が1日、お披露目式を役場で行った。

 栄泉は島内唯一の酒蔵だった「利尻酒造」(1932年~73年)が製造していた銘柄。名水百選に選ばれた利尻富士町の湧き水「甘露泉水」を使い、人気を集めた。今回、ふるさと納税の運営業務などを支援する企業「スプレス」(札幌)が田中酒造に委託製造し、栄泉を復活させた。1本(720ミリリットル詰め)2530円。ふるさと納税の寄付金1万円以上の返礼品に加わる。

【関連記事】
<特集>キタ×コレ~北海道をおいしく、旅する~

残り:211文字/全文:482文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る