PR
PR

屋外サウナで観光振興を 札商、中心街で実証事業

 ブームが続くサウナを観光振興に活用しようと、札幌商工会議所は5日、実証事業「サウナの街サっぽろ」の第1弾を札幌市中央区のさっぽろ創世スクエア27階屋上でスタートし、約200人の参加者が開放感ある屋外サウナを満喫した。

 テント型のサウナと道南杉を用いた「バレル(樽)サウナ」の計5台を設置。参加者は専用の帽子やマットを持ち込み、高温に熱した石に水をかけて蒸気を発生させる「ロウリュ」を行って80~100度の好みの温度に調整し、椅子に腰掛け札幌市街を一望しながら外気浴を楽しんだ。

残り:190文字/全文:429文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る