PR
PR

羊放牧して石狩川河川敷を除草 開発局、費用削減へ当別で実証実験

 【当別】札幌開建札幌河川事務所は7月から11月まで、町ビトエの石狩川河川敷堤防の除草コスト削減のため、羊を放牧する実証実験を初めて実施した。石狩の羊牧場から借りた雄の羊を放し、2日で終了した。同事務所は観光資源としての利用も検討しており、来年度以降も続ける考えだ。

 河川敷は降雨などで崩壊しないように植栽している。ただ、放置したままでは草が伸び、地震や洪水時に、堤防のひび割れや陥没が発見しづらいため、業者が草を刈っている。

残り:567文字 全文:780文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る