PR
PR

神秘の輝き 増す 美瑛・青い池 試験点灯

ライトアップの試験点灯で幻想的に輝く青い池=29日午後5時10分(諸橋弘平撮影)
ライトアップの試験点灯で幻想的に輝く青い池=29日午後5時10分(諸橋弘平撮影)


 【美瑛】上川管内美瑛町の観光名所「青い池」で29日、11月1日から始まるライトアップの試験点灯が行われた。青い水面や、立ち枯れた木々が暗闇の中で幻想的に照らし出され、観光客らを魅了した。

 ライトアップは同町などで構成する実行委の主催。冬場の集客を狙い、2014年に始まった。昨シーズンは約8万人が訪れた。

 今冬は発光ダイオード(LED)などの照明器具をこれまでで最も多い60台設置した。10分間、白や黄、紫の光を交互に照らす演出。点灯の瞬間、観光客らは「おおー」と歓声を上げ、撮影を楽しんだ。家族旅行で訪れた大阪府の会社員川崎雄大さん(24)は「寒さを忘れて見入った。普段の青い池とは違った景色だ」と喜んでいた。

 ライトアップは来年4月末まで。点灯開始は月によって異なり、11月中は午後5時、12月は同4時半。点灯終了は午後9時。(鳥潟かれん)

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る