PR
PR

<北京へ冬の主役たち>2 スキージャンプ小林陵侑(24)=土屋ホーム 天才肌 感覚で世界席巻

 人々の感覚も、ジャンプ界の風潮や先例も、覆してきた。「ネオヤパナー」(新しい日本人)。かつて、海外メディアにこう自己紹介した。

 「今日はもうわかんないっす」とあっさり練習を切り上げることがある。所属先の土屋ホームでチームメートの伊藤有希は「初めて会うタイプの人」と笑う。

 優勝しても「なんで飛べるかわからない」と口にする。口癖は「シンプルに」。天才肌の感覚派ジャンパーは、「人々の感覚をまひさせてきた」と言われる。

【関連記事】
<北京へ冬の主役たち>
1 スピードスケート高木美帆 進化の4年 国内敵なし
2 スキージャンプ小林陵侑 天才肌 感覚で世界席巻
3 アイスホッケー大沢ちほ 海外で修業 けがも克服
4 スピードスケート新浜立也 「お家芸」真のエースへ
5 スキージャンプ高梨沙羅 「常に集中」充実の心技

残り:647文字/全文:999文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る