PR
PR

道内ガソリン167円 8週連続値上がり 灯油は104円

[PR]

 経済産業省が27日発表した25日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの道内平均小売価格は、18日時点の前回調査と比べて2円90銭高い167円だった。原油高騰を受けて8週連続で値上がりし、2014年8月以来7年2カ月ぶりの高値になった。灯油の配達価格は1リットル換算で1円17銭高い104円28銭と7年ぶりの高値だった。来週もさらに値上がりする見込みだ。

 ハイオクガソリンの道内平均小売価格は1リットル当たり3円10銭高い178円40銭、軽油は2円90銭高い149円80銭だった。

【関連記事】
道内のレギュラーガソリンと灯油配達価格の推移

残り:525文字/全文:795文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る