PR
PR

党首演説 与野党で違い

 衆院選も後半戦に入り、党首の街頭演説の特徴が見えてきた。岸田文雄首相(自民党総裁)は公示日以降ほぼ同じ内容で、新型コロナウイルス対策に時間を割き、支持者の声を書き留めたノートを取り出して締めくくる。参院静岡選挙区の補欠選挙で敗れた後も変化はない。一方、野党第1党・立憲民主党の枝野幸男代表は日々の政治の話題に反応し、政権批判などにつなげる手法が目立つ。

残り:469文字/全文:646文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る