PR
PR

函館のイワシ、地元の食卓に 漁師や企業、おさかな専門歌手がタッグ 30日に「祭り」

 【函館】イワシをテーマに販売会や座談会、おさかな専門シンガーソングライター斉藤いゆさんの新曲披露などを行う「シエスタハコダテいわし祭り」が30日、複合施設シエスタハコダテ(本町24)で開かれる。近海で取れたおいしい魚を地元の人たちに食べてもらいたいと漁師や企業、シンガー・ソングライターがタッグを組む。

 シエスタハコダテ、無印良品、Gスクエアの共催。ハコダテフィッシャーマンズマルシェのイワシ特別販売を午前11時~午後3時(なくなり次第終了)に地下特設会場で行う。入舟漁港の若手漁師熊木祥哲さんが取ったイワシを市内の福田海産(福田久美子社長)が生冷凍(400グラム、350円)やフライ用切り身、煮付け、つみれ、骨せんべいに加工して販売。無印良品が販促活動の一環として、子供も食べやすい「イワシのフリット」のアレンジレシピを配布し、おいしい食べ方を紹介する。

残り:444文字/全文:823文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る