PR
PR

北海GK神宮、正念場で好守 高校サッカー道予選V

 PK戦の5人目、MF長谷川のキックがゴール左に決まり、優勝が決まった。北海イレブンは両手を広げ、雄たけびを上げながらGK神宮の下に駆け寄った。

 神宮がピッチに入ったのは延長後半の試合終了直前。180センチ超の長身で「威圧感がある」(島谷監督)と、PKでの適性を買われ、今大会2回戦の札創成戦でも同じように終盤に出て、その後のPK戦をものにしている。「気持ちはつくれていた」と神宮。ベンチの期待に応え、旭実の4人目のキックを横っ跳びではじき出した。このセーブが勝敗を分けた。

残り:509文字/全文:746文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る